最近やっていること

2015-07-26 20:08

あ (5)



電池なんですけど、撮影中に電池が切れたときに、

「あれ!?どれが充電してあったっけ!?」

ってあたふたすることが2回あったので、4本ごとに番号を付けました。(エネループのほう)

ストロボは1台で4本の電池を使用するので、例えば「①の電池がなくなったら④に切り替える」

「②の電池がなくなったら⑤に切り替える」

というふうに、「切り替える電池」を決めておけば出すべき電池が分かって、サッと出せるのでちょっとはこれで混乱するのが防げるのではないかなーと思っておる。


あとは、自分が機材バッグから少し離れた場所にいて、人に電池を取って貰わなきゃいけないときに、

「⑥番の電池を4本取ってくれる?」

って言えばわかりやすいと思うので、人とのコミュニケーションにも番号は使えるんじゃないのかかなぁ…と思って、エネループにナンバリングをしてみました。

もう1つの理由が「どの電池を充電すればいいか帰ってから把握しやすい」っていう目的もある。


例えば、①番の電池はフル発行しまくってたからもうほぼ充電ゼロだな…とか、⑤番は今日出してないから充電しなくてオッケーだなーっていうのが番号でわかるので、過充電せずに済む=電池を長持ちさせられるのではないだろうか?という考えのもとに、ナンバリングを行ってみたよ。

まだ撮影で1回も実践したことはないけど、「急な電池切れ」のときに慌てずに次の電池を取り出せることも能力の一つだと思うので、小さいことですが、スムーズに行えるように頑張ろうと思います。



あ (4)


もう1つが、カメラのほうのバッテリー(電池)なんですけど、これも充電式なので繰り返し繰り返し使うと、「劣化」してくるんですよね…。

Canonのカメラのほうで、今さしてるバッテリーがどれだけ劣化してるか見れる画面があるので、それを覚えといてシールに書いてはってます。

劣③のほぼ新品のやつも1台所持しているんですけど、できれば古いやつから使い潰したいので。

でも劣②でも、通常の撮影だったらフル充電で行けば1000枚は余裕を持って撮影できるだけの電池量はありますので、特に心配する必要もないんだけど、

「電池がなくなる」

ってことを私は一番恐れているので、電池の予備はあったほうがいいです…笑

そんなわけで、この電池のバッテリーはレイヤーさんは特に気にする必要はないんですが、自分が認識しやすいために、バッテリーのこともよく知れるように勉強していきたいと思ってます。



あ (3)


あとナンバリングの話の続きにもなりますけど、スピードライトにも番号を振って、

「ごめんな、①番のストロボを1/32秒にしてくれる?」

って一番近くにいる人にお願いできたら時間短縮になると思って、ライトにも番号つけることにしました。

これもまた撮影で1回も実践してないので、うまくいかなかったらやめるかもしれぬ。





あ (2)


あとこれは、優先順位的なものだと私はレンをよく使ってるんですけど、

レン=通常の撮影で出す

真斗=絶対に1枚も失敗写真が出せない緊張した場面で出す

翔ちゃん=予期せぬ機材の故障トラブルがあったときの予備用

として認識していまして、これも予備を持っているよ。
性格だと思うんだけど、機材の充電切れのために撮影が出来なくなってしまうのは、「ちゃんと準備をしなかった自分の責任」になるので、こんな風になってますけど、私にとってはぜんぶ必要なものなので。






あ (1)


あとこれは、直接は関係ないことなんですが、自分が持ってるカメラの機種と、メーカー名を黒のマスキングテープで隠すことにしました。

理由は、

≪機種名に関係なく、私の撮った写真を気に入ってくれる人に写真を渡したい≫

という、私のわがままで隠させて貰いました。

少し前に、プロの方がiPhoneで撮った写真を拝見する機会があったのですが、確かに画質は一眼レフに比べて格段に落ちますが、その人の人間性?というか、

「画面に写っているもの」

に対してまわりの人がものすごく喜んでおられるのを見て、

(機種名じゃないんだな…)

と思う出来事があって、私もそういう風になりたいと思ったんじゃ。

確かにCanonのカメラを作っている人はそれだけのことのために命を削ってまでカメラを作ってくれていますけど、カメラを何に使用するか?はエンドユーザーである私の決めることなのて。

私がカメラを使ってやりたいことは、一言では言えませんが、「写真で思い出を冷凍して、心の中で溶かす」っていうことをしたいと思っていて、その写真を見たら、その日のことが蘇ってきて、更には画質もすごく良く残ってたら理想ですよね…それは理想ですけどね…。(まだ出来ない)

とにかく撮影に行くときは、

「私はこれを撮りに行くのよ」

という情熱を持って撮影していきたいと思っています。

まだ撮影術的に未熟だったり、ちょっとしたトラブルにテンパってしまったりすることが多いので、

「自分が何にテンパったのか?」

「なぜトラブルが起きたのか?」

ってことを、自分なりに整理して文字に起こしてみました。


まだ1つも撮影では実践できてないけど、これを定着させて、もう少し余裕のある撮影ができる人間になりたいな。



あ (6)


あともう1つ!!

5月くらいから、撮影現場にモニターを導入しての撮影を開始しまして、撮った写真がリアルタイムで見れるんです。

パソコンとカメラをケーブルで繋いで、1枚1枚レイヤーさんに確認してもらいながら、顔の角度を直してもらったり、(本人の意思で)ポージングを変えたりしてもらうのに便利だと思っていて、撮った写真が大画面ですぐに見れる…っていうのはスタジオ撮影に使えるのではないか?と思っておる。(実際にスタジオで1回使用しました。)

ただこのモニターを持ち込む難点として、


●コンセントが自由に使用できるスタジオでなければ難しいということ。

●いちいち画像を確認するので、枚数が減ること(5時間で400枚程度に減ります。)


ですが、「写真集撮影」とか、紙に印刷するようなポスターをやる場合はボケとかブレとか、そういった基礎的なミスが命取りになって画像が使えなくなってしまうので、そのあたりの確認をしっかりやって撮影を進めていけたら、きっと満足のいく1枚が撮れると思うので。

このやり方も、5月に思いついたばかりなので、まだ導入してから1ヶ月半くらいしか経ってないです。

新しい機材(やり方)に慣れるまで最低2ヶ月掛かるタイプなので、もう少しスムーズに使えるようになって、そのレイヤーさんの写真の使用目的に合わせてモニターを入れるのか入れないのか考えて、適切な機材を持っていこうと考えてます。



--------------------------------------------

あと撮影とは関係ないことなんですが、プライベートで仕事の忙しさが尋常じゃないくらいおそろしくて、今日のこの休みを利用してちょっと体を休めてるんですけど、撮影ばっかりじゃなくて、少し体を休めながら撮影をしていこうーと思っています。

呼ばれたら行きたいのは山々なんですが、健康を害してしまったらなんにも出来なくなるので、特に夏の撮影で先週、熱中症の1歩手前くらいの状態になりかけてしまったので、健康には人一倍気をつけて、食べ物をたくさん食べてやっていこうと思います。

すいませんが、撮影をお断りするケースもあるかと思いますが、撮影させていただきたい気持ちはものっすごくあるので、出来れば…空調が効いている場所でお願いできるとありがたいです…笑


以上、わがままとかお願いとかお知らせとかいっぱい書いてしまいましたが、そんな感じで最近生活してるので、またご飯など行けたら行きましょうーーー!

チャーハンをはじめとするラーメンなどを満足いくまで食べたいです…笑
  1. comment(2)


ほたるさん2

2015-07-13 22:02

ほたるさん (6)


小夜左文字/瑠月螢(@HOTARU_RUDUKI





ほたるさん (7)



ほたるさん (8)




ほたるさん (9)



か2
  1. comment(0)

ほたるさんがきてくれたよ!!

2015-07-13 21:59

か


加州清光/瑠月螢(@HOTARU_RUDUKI


ほたるさん (4)



ほたるさん (3)




ほたるさん (2)




ほたるさん (5)
  1. comment(0)

詩島剛

2015-07-04 11:08

はるくさん (2)




はるくさん (3)




はるくさん (4)




はるくさん (5)




はるくさん (7)




はるくさん (1)
仮面ライダードライブ/詩島剛
春紅さん(@ruu628haruku


  1. comment(0)




プロフィール

麗斗(れいと)

Author:麗斗(れいと)


7.21/B/166cm

このブログについて
Archive
Twitter
ツイフィール